グレーゾーン金利−消費者金融の借金を返す方法!
債務整理とは
グレーゾーン金利


お金の貸し借りをする際は「利息制限法」に定める上限金利を超える部分は無効となります。上限金利は元本の額に応じて15〜20%となります(例えば100万円以上の場合は年15%が上限)。しかしこの法律には罰則規定がありませんでした。

一方、罰則規定が存在する法律が「出資法」で、29.2%を超えた利息の契約をすると契約しただけで刑罰が科され、貸金業の登録を取り消されたりしてしまいます。この金利を超えて貸し出す業者は俗に言う「ヤミ金業者」と言えるでしょう。

利息制限法の上限金利15〜20%、出資法では上限金利は29.2%。この2つの法律で上限金利が異なっていることから「グレーゾーン金利」と呼ばれる問題が発生します。利息制限法に定める上限金利(元本の額に応じて15〜20%)は超えるものの、出資法に定める上限金利29.2%には満たない金利のことを言います。

アヴァンス法務事務所

過払い金返還請求や任意整理の相談が無料!借金悩みはココで解決出来る!

アヴァンスレディース

女性専用の無料借金相談窓口!女性スタッフ対応で安心!


消費者金融の借金を返す方法TOP

Copyright(C) 2010
消費者金融の借金を返す方法